お知らせ

Home
お知らせ

皆様の健康をサポートする優しく思いやりの
ある良質の医療を目指して・・・

お知らせ

心臓疾患の診断・治療になくてはならない心臓カテーテルを世界で初めておこなったのは、25歳なり立ての研修医でした。

 

医療の歴史(136) 初めての心臓カテーテル ← クリックしてご覧下さい。

オミクロン株感染者が増加傾向であるなか新型コロナウイルスワクチン接種と、通年冬季に必要となるインフルエンザワクチンの同時接種が可能か否かについてLancetの論文が公開されています。

 

コロナワクチンとインフルエンザワクチン ← クリックしてご覧下さい。

遅くなりましたが年末年始の診療と休診についてのお知らせです。

1227() 平常通り

1228() 午前のみ診療    午後休診

1229() ~ 14() 休診

2022 15() 平常通り診療


ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

バンティングがインスリン抽出実験をすることに難色を示していたトロント大学のマクラウド教授は、熱意に負けて期間限定で実験を許してくれ、インスリンが発見され世界中のニュースとなりました。

 

インスリンを発見したバンティング(2) ← クリックしてご覧下さい。

1114日は国連総会で公式に定められている「世界糖尿病デー」です。この日はインスリンを発見したカナダ人医師フレデリック・バンティングの誕生日です。また特に本年はインスリン発見100周年にあたり意義深い日になります。

 

インスリンを発見したバンティング ← クリックしてご覧下さい。

世界に先駆けてガン発生の機序解明に業績を残したのにノーベル生理学・医学賞の受賞を逃した日本人研究者の一人に東京大学の山極勝三郎がいます。

 

医療の歴史(135)ノーベル賞を逃した山極勝三郎←クリックしてご覧下さい

コロナ流行の影響で、消化器ガンが早期発見される率が低下しているそうです。

 

コロナ流行で早期ガンの診断が減少した ← クリックしてご覧下さい。

コロナウイルスワクチンの接種は、すでに1回目接種すまされて、 2回目の予約をして頂いている方を除いて予定は終了しております。

まことに申し訳ございませんが、現在のところワクチン接種用の薬剤入荷予定がたっておりません。

接種予約の受付ができず、ご迷惑をおかけすることをご了承下さいませ。

甲状腺機能異常症、特に甲状腺機能が不足する機能低下症では、思考力の低下や記憶障害など認知症も疑われる症例が散見されます。そこで多数の症例を対象にして甲状腺機能と認知症との関連を統計的に検討した症例研究がおこなわれました。

 

甲状腺機能障害と認知症は関連するか ← クリックしてご覧下さい。

末廣医院でのコロナウイルス予防接種はワクチンの薬剤供給量に制限がありご迷惑をおかけしております。

現在10月分の予約を受付しております。

予約はすべて電話で(06-6384-0732)、日曜、祝日以外の午前9時~午前11時にご連絡ください。

接種日は1回目の接種が104(月曜日)~1016(土曜日)

2回目がそれぞれ接種後3週間目で1025(月曜日)~116(土曜日)となります。