お知らせ

Home
お知らせ

皆様の健康をサポートする優しく思いやりの
ある良質の医療を目指して・・・

お知らせ

グリーンランドの凍土から200万年前に生息していた生物のDNAが取り出されたそうです。このことをきっかけとして、現在の地球温暖化への生態系の対応を論じる手掛かりとなることが期待されます。

 

200万年前のDNAが取り出された ← クリックしてご覧下さい。


大阪湾の淀川河口に迷い込んだ「よどちゃん」が話題になっていました。イギリスでも多くのクジラ類が沿岸の浅瀬に座礁しているそうですが、そのクジラの脳を研究して認知症ではないかという論文発表がなされています。

 

クジラにも加齢による認知症がある ← クリックしてご覧下さい。

世界最大の帝国を作り上げたモンゴルが鎌倉時代、二度にわたって日本に軍隊を送ってきました。

この様子はあたかも新型コロナウイルスが人間に襲いかかってきたようにもみえます。

 

医療の歴史(143)  コロナ感染は鎌倉時代の元寇のようだ ← クリックしてご覧下さい。

貧血のうち最も頻度が高いのは鉄欠乏性貧血です。この治療のため鉄分を多く含む食事とされているものがありますが、偏った食事でない限り普通の食事には十分な鉄分が含まれています。

 

鉄欠乏性貧血の食事療法は? ← クリックしてご覧下さい。

今から100年以上前、人類史上最悪の感染者、死亡者となったパンデミックであるスペインかぜがありました。新型コロナ感染に比べて現在までではるかに大多数の死亡者となってしまいました。

医療の歴史(142)スペインかぜ ← クリックしてご覧下さい。

本年もお世話になりました。

末廣医院の年末年始における診療についてお知らせします。

 

1228()

1229()14()

15()

午前通常通り

 

休診

午前通常通り

午後休診

午後休診

 

昼間によく歩いた日などに寝ている間に「足がつる」ということが経験されることがあります。これは「こむらがえり」などと呼ばれている症状ですが、その詳しい原因については判っていないこともあります。

 

夜、寝ているときに足がつる ← クリックしてご覧下さい。

小児の喘息発作が原因で入院となる症例数を、新型コロナウイルス感染症の流行前と流行後で比較すると、コロナ感染以後、喘息発症数が減少していることが分かりました。

 

コロナで喘息が減っている ← クリックしてご覧下さい。

森のクマさんは冬になるまえ、大量に食べて体にカロリーを蓄え、冬の間は冬眠して動きません。この生活は糖尿病を作ってしまうような乱れた生活です。でもクマさんが春になって目覚めたとき、糖尿病になってしまっていることはないのです。何故なのか?を究明したら、人間の糖尿病治療に役立つような新しいことがわかるのではないかと考えて、クマさんから採血して研究した人がいます。

 

クマは冬眠して糖尿病にならないの? ← クリックしてご覧下さい。

老化に対する考え方を積極的にすることができれば、寿命が延びるかもしれないという研究結果が報告されています。

 

老化に対する考え方で健康寿命が変わる ← クリックしてご覧下さい。