お知らせ

医療従事者に対するアンケート調査で、野菜を多く食べる食習慣のある人は、たとえコロナ感染があっても重症化しにくいことが示唆される研究結果が報告されました。どうやら個々の食事内容がどのようにコロナ感染に影響するのかということより、一般的に健康に留意して規則正しい生活をすることが重要なのではないでしょうか。

 

野菜を多く食べるとコロナ感染重症化が低下  クリックしてご覧下さい。

有効な結核治療薬ストレプトマイシンが日本で使用可能になったのは戦後のことです。それまでは結核というと結核療養所で長期間の療養をすることしか対処できなかったのです。

 

医療の歴史(134)明治以降の結核 ← クリックしてご覧下さい。

コロナ陽性者の85%はマスクをしていなかった、という報道があります。これだけでマスクは十分有効だとはいえないものの、マスクの効果がないという結論ではありません。

 

マスクは本当に効果ある?というけれど・・・←クリックしてご覧下さい。

日本におけるコロナ感染者は欧米に比べ圧倒的に少ないことから、日本人にはファクターXと呼ばれるコロナ感染を抑制する因子が備わっているのだといわれていました。しかしこれは新たな変異株のコロナウイルスに対しても効力があるのでしょうか。

 

インド株は日本人のファクターXから逃れる?クリックしてご覧下さい。

まれな例ですが、新型コロナウイルスワクチン接種後に死亡する例があると厚生労働省が公表しています。その死因は、①出血性脳卒中、②心肺停止、③老衰、その他、④窒息、⑤原因不明だそうですが、このうち老衰で死亡とはどうなのか疑問が残ります。

 

コロナワクチン接種後、老衰で死亡? ← クリックしてご覧下さい。

早くからコロナワクチンが接種され、世界で最もワクチン接種がすすんでいるイスラエルにおいて大規模な臨床試験として有効性が検証されました。

 

コロナワクチンを2回接種が必要か?←クリックしてご覧下さい。

結核の歴史2回目は日本における結核の歴史をご紹介します。西洋と同様、日本においても結核は古くから国中にまん延する病気でした。

 

医療の歴史(133)日本における結核 ← クリックしてご覧下さい。

新型コロナウイルス感染症の予防対策に、ようやくワクチン接種が始まっていますが、ここで「ワクチン」について振り返ってみましょう。

ワクチンについて ← クリックしてご覧下さい。

結核菌感染による人の結核は、これまでまん延した時代もありましたが、現在はその感染の拡がりは抑制されているようにも見えます。しかし決して以前の病気ではなく、しかも新型コロナ感染が収束しない現在、結核感染との関わりもさらに問題となっています。

今回は、人と結核の関わりはいつからなのかをご紹介します。

 

医療の歴史(132) 人の結核は古代からあった←クリックしてご覧下さい。

食事制限をおこなう時、朝食時間をできるだけ早めに設定した方が、より効果的である可能性を示唆する調査研究結果が報告されています。


 朝食は早朝に食べる方がよい? ← クリックしてご覧下さい。