お知らせ

ノーベル賞のパロディーのようなイグノーベル賞ですが、受賞テーマの中には医学医療にとって貴重な研究業績もあります。

 

イグノーベル賞と医学・医療 ← クリックしてご覧下さい。

TBSでのヒットドラマの一つとして「仁」が放送されています。フィクションの娯楽ドラマですが、江戸時代の医療事情が想起させられ興味ある作品です。

 

医療の歴史(125) 緒方洪庵とコレラ ← クリックしてご覧下さい。

新型コロナウイルス感染症の拡大を抑止するための自粛で自宅で過ごす人が多いと思いますが、最近バンクシーのネズミの絵が話題になっています。

 

バンクシーのネズミ ← クリックしてご覧下さい。

中世ヨーロッパからの十字軍遠征は、東西文化の交流をもたらすとともに、負の遺産としてペスト大流行を引き起こしました。

 

医療の歴史(124)中世の十字軍と医療 ← クリックしてご覧下さい。

山梨大学で生後8か月の乳児に新型コロナ感染があったことは衝撃的なニュースでした。

 

乳児の新型コロナ感染 ← クリックしてご覧下さい。

新型コロナウイルス感染に関連した報道では「カタカナ語」を使われることがやたらに多いですね。

河野防衛大臣は「皆がわかりやすい言葉を使うべきだ」とおっしゃっています。

 

クラスター・オーバーシュート・ロックダウン... ← クリックしてご覧下さい。

今から70年前にノーベル文学賞受賞作家アルベート・カミュが著した「ペスト」という小説が評判になっています。

 

新型コロナウイルスとペスト流行 ← クリックしてご覧下さい。

COVID-19感染症で、ウイルスが一度陰性だったのに再度陽性になった例が問題になったりしていますが、これを解決する手段としてウイルス抗体検査が可能になると思われる新知見が公表されました。

 

新型コロナウイルス「抗体」を検出 ← クリックしてご覧下さい。

COVID-19(新型コロナウイルス)感染の有無を調べるPCR検査の実施が保険適応になり、一般の医療施設から直接検査を依頼することができるようになった旨の報道があります。しかし検査実施のための検体採取に対応していない施設などでは直接検査の実施が事実上困難な場合があります。
当院では下記のようにこれまでと同様の対応と致しますので宜しくお願い致します。

新型コロナウイルス感染症に関する当院の対応
① 発熱(37.5度以上)かつ咳、痰などの呼吸器症状がある。
② 感染地域への渡航歴がある。または「渡航歴
があり、発熱かつ呼吸器症状がある人」との接触歴がある。
以上の①、②に該当する方は
直接来院せずに、必ず事前に当院または下記へ電話連絡をお願いします。
 吹田保健所 06-6339-2225
 相談窓口  06-6944-8197

今ウイルスというと新型コロナウイルスです。これも大事ですが、ヒトパピローマウイルス(HPV)はもっと大事です。

HPVが原因で発生する子宮頸ガンを予防し、日本の女子がすこやかに成長することを望みます。

 

子宮頸ガン撲滅へ~ひな祭りに思うこと ← クリックしてご覧下さい。