お知らせ

この200年間でアメリカ人の平均体温が低下していることが明らかとなりましたが、これを利用して、現代のアメリカ人における身体活動量は減少していることが報告されています。

 

アメリカ人の身体活動量は年々減少している?←クリックしてご覧下さい。

患者さんの数が多く日本では死亡原因の上位を占める心疾患や心血管疾患の原因となる高血圧の理解を深め、予防につなげることを目標として毎年517日は「高血圧の日」と定められています。

 

日本では517日は「高血圧の日」← クリックしてご覧下さい。

筋肉トレーニング(筋トレ)のような体に負荷をかける運動が健康増進に効果があるのかどうかを検討された研究報告はありませんでしたが、このたび日本の研究者らが英国の学術雑誌に論文を公開しています。

 

筋トレをやり過ぎると健康リスクが増大する ← クリックしてご覧下さい。

携帯電話を長時間にわたって長期間使用すると脳に必要以上の刺激が加えられ、脳腫瘍が発生するリスクが増加するのでしょうか。

 

携帯電話使用で脳腫瘍になる? ← クリックしてご覧下さい。

高齢者にとって緑地の面積が多い地域ではうつ病になる可能性が10%少ないことが判りました。緑が多い生活ができれば精神的な健康を保つことができると考えられます。

 

緑地が多い所に住む高齢者はうつ症状が少ない←クリックしてご覧下さい。

これまでコーヒーはカフェインなどの影響で心臓病にはよくないなどといわれていましたが、これを覆す研究結果が報告されています。

 

毎日コーヒーを飲むと心臓は健康になる ← クリックしてご覧下さい。

明治時代には不治の病であった天然痘(痘瘡)のワクチン接種証明書が発見され、松江歴史館で公開されているという読売新聞の記事(411日付)があります。

 

医療の歴史(139)150年前のワクチン証明書←クリックしてご覧下さい。

75歳以上の日本人は適度の飲酒、ことにワインを飲むと認知症を予防する可能性があることを示した研究結果が報告されています。

 

後期高齢者では飲酒が認知症予防になる? ← クリックしてご覧下さい。

ロコモ(ロコモティブ・シンドローム)は手足の機能不全により寝たきりや要介護状態におちいる危険度が高いことから最近注目されています。高齢者に多い状態ですが若年者を含めた検討から40歳を超えると加速度的に増加してくることが判りました。

 

ロコモは40歳過ぎから加速して増加する ← クリックしてご覧下さい。

源平の争いの最中に平清盛が高熱をだして死亡しました。その死因は何だったのかについて、以前にこの項で「マラリア」にかかったのではないかとご紹介しました。しかし最近ではその死因は「猩紅熱」ではないかともいわれています。

 

医療の歴史(138) 平清盛の死 ← クリックしてご覧下さい。