お知らせ

多くの分野で人工知能・AIを用いた技術革新の進歩がブームとなっています。医療領域において、AIを用いた医療手段が、近いうちに標準的(スタンダード)になるのか?という話題です。

 

AIによる医療は簡単にできるのか? ← クリックしてご覧下さい。

世界で初めてアルツハイマー病治療薬を開発した創薬チームの中心人物は当時エーザイの主任研究員だった杉本八郎さんです。

 

医療の歴史(111) 初めて認知症治療薬を作った日本人 ← クリックしてご覧下さい。

血友病は遺伝的に男児に生じる出血疾患ですが、19世紀にイギリスのビクトリア女王が血友病の保因者であったことから、ヨーロッパ各国に血友病が原因の問題がおこりました。

 

血管と血液(10) ビクトリア女王と血友病 ← クリックしてご覧下さい。

胃内視鏡は機器の精度が向上し、胃壁のわずかな変化も映し出すことが可能となっていますが、その画像の正確な診断が必要です。そこで人工知能(AI)に内視鏡所見を学習させ、速くて正確な診断をさせることが試みられています。

 

胃内視鏡と人工知能 ← クリックしてご覧下さい。

知人と会食しているとき、そのテーブルの上に携帯電話、スマホを置いたままにしておくだけで、その会食が楽しくなくなり、食事もおいしいと感じにくくなるという研究が報告されています。

 

スマホは人付き合いを悪くする? ← クリックしてご覧下さい。

ジャズピアニストとクラシックピアニストでは、演奏に際して、脳活動に明らかな差があることが実験的に示されています。

 

音楽家の脳活動 ← クリックしてご覧下さい。

臓器移植医療において必要不可欠な薬剤の一つに、移植後の拒絶反応を制御する免疫抑制薬があります。その中でタクロリムスは日本人によって日本の土壌中から発見されたものでした。

 

医療の歴史(110) 日本の土から作った免疫抑制薬 ← クリックしてご覧下さい。

スマホなどのデジタル機器が急速に拡大してしまった現代社会において、これらの機器が人の健康障害をもたらすだけでなく、若者における心理的な幸福感を低下させるという論文が公開されています。

 

若者を不幸せにするスマホ ← クリックしてご覧下さい。

遺伝性凝固因子欠乏症の血友病はほとんどが男子に発症します。古代からこの病気の存在は認識されていました。そしてそれが文書記録として残されています。

 

血管と血液(9) 古代から知られた血友病 ← クリックしてご覧下さい。

昔は老衰で死亡する人が多かったのですが、医療の発達とともに減少していました。しかし近年、超高齢社会になり老衰死が再び増加に転じています。

 

「老衰」という死因 ← クリックしてご覧下さい。