お知らせ

古代ギリシアから痛み止めとして知られているアスピリンの成分に、新たに遺伝子を調節してアルツハイマー病の予防・治療に有効な薬剤となる可能性が示されました。

 

血管と血液(13) アスピリンは認知症に有効? ← クリックしてご覧下さい。

甲状腺ホルモンの不足で認知症症状を呈することが知られています。不足した甲状腺ホルモンを補充することにより治すことができる認知症です。

 

甲状腺ホルモン不足で認知症 ← クリックしてご覧下さい。

アメリカで、スマホ画面やテレビの見過ぎは子供の認知能力に影響するという研究成果が公表されました。日本でも抜本的な対策が望まれるところです。

 

スマホやテレビの見過ぎは子供に悪影響 ← クリックしてご覧下さい。

以前からペットとして犬を飼う人が多くいます。飼い主にとって心の安らぎになることは間違いないでしょうが、これを介護や医療の分野で利用することが広まっています。

 

ドッグセラピー ← クリックしてご覧下さい。

医療において、診断・治療に不可欠のX線関連装置ですが、レントゲンによるX線発明からわずか11か月後に、日本において独自のX線発生実験に成功したのは島津製作所でした。

 

医療の歴史(114)日本初のレントゲン装置 ← クリックしてご覧下さい。

京都大学の山中伸弥教授によるiPS細胞を用いた再生医療は大きな進化を続けています。しかしこれに対して単純に多大な期待をもつことも改めて考えなおす必要があることも事実です。

 

再生医療はどこまで進化するか ← クリックしてご覧下さい。

栄養が十分な食事をすると、男性に比べて女性のほうが、より幸福になる可能性があるという研究結果が公開されました。

 

栄養豊富な食事は女性を幸福にする ← クリックしてご覧下さい。

脳卒中のうち、血管が閉塞して発症する脳梗塞に対する急性期治療として、脳血管を閉塞している血栓を血管内カテーテルを用いて除去する血栓回収療法が実施されるようになりました。

 

脳梗塞の血栓回収療法 ← クリックしてご覧下さい。

1946年~1968年、医学部を卒業後、医師国家試験合格までの1年間、医師の資格がない「インターン」という制度がありました。

 

医療の歴史(113) インターン制度 ← クリックしてご覧下さい。

iPS細胞移植により、画期的なパーキンソン病治療が始まろうとしています。

パーキンソンという名前は、最初に「振戦麻痺」として公表したイギリス人医師ジェームス・パーキンソンにちなんで命名されたものですが、パーキンソンは街なかを歩く人々をみて記録したものだといいます。

 

医療の歴史(112) パーキンソン病 ← クリックしてご覧下さい。