お知らせ

動脈硬化は中年以降の問題であって、子供には関係無いと思われがちですが、小児期ひいては出産前の母体中にいる胎児期から将来の動脈硬化リスクが存在すると考えられます。

 

子供の時から動脈硬化のリスクがある ← クリックしてご覧下さい。

適切な休暇取得により心身をリフレッシュさせることはメタボリック症候群、ひいては心臓・血管疾患の予防につながることを改めて示した論文が公開されました。

 

休暇を楽しむとメタボリック症候群を予防 ← クリックしてご覧下さい。

森鴎外の明治の始めに出版された医学書に寄せた序文が確認されたという新聞報道がありました。医療人として森鴎外の基本的姿勢がうかがわれます。

 

医療の歴史(121) 森鴎外「医師の心得」 ← クリックしてご覧下さい。

下肢~上肢の筋力低下による運動麻痺が全身に拡がって呼吸筋麻痺が原因で死亡する場合もあるギランバレー症候群の患者が南米ペルーで増加しているという報道があります。

 

南米ペルーでギランバレー症候群が流行 ← クリックしてご覧下さい。

 

近年の超高齢社会を反映して「老衰」が日本人の死因第3位になりました。


「老衰」が死因第3位にランクイン ← クリックしてご覧下さい。

スマホや携帯用のゲーム機器が心身におよぼす影響は予想以上に深刻です。WHOはゲーム障害という新たな疾患を提唱していますが、アンケート調査で根本的な対策が必要である事態が明らかとなってきました。

 

「ゲーム障害」という現代病 ← クリックしてご覧下さい。

山崎豊子さんの長編小説「白い巨塔」は何度もテレビドラマ化されていますが、先月(522日から26日)V6の岡田准一さん主演で放送されました。初ドラマ化から50年間の医療のおける進歩が見てとれます。

 

「白い巨塔」にみる医療の進歩 ← クリックしてご覧下さい。

日本人の死亡原因第一位である「がん」は糖尿病患者さんの重大な合併症であるということができます。

日頃より注意深い経過観察が必要です。

 

がんは糖尿病の重大な合併症 ← クリックしてご覧下さい。

生物工学の技術を用いた人工臓器などを実用化するバイオニック医療は、iPS細胞を用いた再生医療とともに時代の最前線をゆく医療の一つとなっています。

 

バイオニック医療 ← クリックしてご覧下さい。

LDLコレステロールは動脈硬化を促進することから、いわゆる悪玉コレステロールと呼ばれています。それではLDLコレステロールは少なければ少ないほど良のかというと、そうではない。逆に悪影響を及ぼす可能性があるということを示した研究結果が公表されています。

 

悪玉コレステロールはできるだけ少ない方がよいか? ← クリックしてご覧下さい。