お知らせ

前の日に血糖値の変動が大きかった人で、夜間の睡眠が良好でなかった糖尿病の人は翌日の疲労感が強くなることがデータで示されました。効率的な運動療法をおこなうために血糖コントロールと良好な睡眠ができる生活環境を整えることが求められます。

 

高血糖と不眠が糖尿病の疲労感を増悪させる ← クリックしてご覧下さい。

日本において終戦直後の医療・保健状態は良いものではありませんでした。ようやく回復の傾向が見えてきたのは、連合国の占領が終わってしばらく経ってからのことになったのです。

 

医療の歴史(103) 戦後の医療 ← クリックしてご覧下さい。

超高齢社会の日本では認知症の発症は加速度的に増加する、という考え方が一般的に受け入れられています。しかしアメリカをはじめとする諸外国からは、適切な対応により認知症は減少するだろうといういくつかの報告がなされています。本当のところどちらが正解なのでしょうか。

 

これから認知症は増えるのか減るのか ← クリックしてご覧下さい。

肺がんは、がん細胞の種類によって処置法や経過が異なります。他のがんよりも特にがん細胞の種類を見分けることが大切です。


肺がん について ← クリックしてご覧下さい。

前回、止血に際して、フィブリンという凝固因子の塊が血管に開いた穴をふさぐというところまで説明しましたが、このフィブリンが生成され過ぎると血管がつまってしまいます。そこで人の体内にはフィブリンを適当な大きさまで溶かす作用も備わっています。それが繊維素溶解系(線溶系)です。

 

血栓形成とその抑制の話 (3) ← クリックしてご覧下さい。

明治期に確立されたドイツ式の日本の医療は大正時代に勃発した第一次世界大戦でドイツが敵国に回ったことが影響して少なからず影響を受けたのです。

 

医療の歴史(102) 大正・昭和初期の医療 ← クリックしてご覧下さい。

白衣の天使と呼ばれるナイチンゲールが、看護師として実務で活躍したのはクリミア戦争中の2年間だけでした。その後、没するまでの50年間は慢性疲労症候群という難病でベッド上生活を送っていたのでした。

 

ナイチンゲールと慢性疲労症候群 ← クリックしてご覧下さい。

乳ガンとともに女性に発生するガンのうち子宮体ガンの発症リスクは体重の変化に関連する、つまり体重を減らすことにより、発症リスクを低下させることが発表されています。

 

子宮体ガンは肥満で発生しやすい ← クリックしてご覧下さい。

性感染症の梅毒を治療する薬剤としてヒ素化合物のサルバルサンを開発したのが、エールリッヒの研究所に留学中だった日本人の秦 佐八郎です。この薬は後に副作用が多いことから使われなくなりましたが、世界で最初の抗菌薬で、その開発に日本人が関与していたのです。

 

医療の歴史(101) 初めて抗菌薬を作った日本人 ← クリックしてご覧下さい。

血管に穴が開いて出血がおこると、これを止める機構として一次止血と二次止血という2段階の過程があります。それぞれ血小板という細胞および凝固因子というタンパク質が働いています。

 

血栓形成とその抑制の話 (2) ← クリックしてご覧下さい。