お知らせ

犬を飼っている人は、身体活動性などが良好な状態となり、心臓血管疾患になりにくいことが想定されるという調査結果が公表されています。

 

愛犬家は心臓病になりにくい ← クリックしてご覧下さい。

幸福とは何か?は古代より永遠の課題でした。この度、京都大学の研究グループが、人の脳において幸福と感じることと脳の活動性を科学的に解明し報告しています。

 

「幸福とは何か?」を科学的に解明←クリックしてご覧下さい。

日本人で腰痛があるという人は1000万人以上いるといわれます。鎮痛薬や貼り薬を用いた対処をするまえに深刻な原因がないかどうか確かめる必要があります。

 

注意を要する腰痛 ← クリックしてご覧下さい。

貧血は血液中のヘモグロビン濃度が低下して、脳への酸素供給が障害されることが原因で認知症発症のリスクになることが大規模で長期間の研究から明らかにされました。

一方ヘモグロビン濃度が高すぎても認知症になることが示されています。

 

高齢者の貧血は認知症のリスクになる ← クリックしてご覧下さい。

人間に近い哺乳類であるチンパンジーには動脈硬化がほとんど見られません。動脈硬化は人間特有なものなのでしょうか。

 

動脈硬化は人間特有のもの? ← クリックしてご覧下さい。

患者さんを看護・介護している医療職が、その患者さんに対して恋愛・性的感情をもってしまう状況をナイチンゲール症候群といいます。

 

ナイチンゲール症候群 ← クリックしてご覧下さい。

731日の報道によると日本の平均寿命がまた延びたそうです。

 

平均寿命が平成の30年で5歳延びた ← クリックしてご覧下さい。

口からものを食べて飲み込むときの喉頭刺激が甲状腺ホルモン分泌を促進することが実験的に示されています。

 

口から食べて健康維持 ← クリックしてご覧下さい。

夏季休診のお知らせ

2019年夏季休診を下記のように設定しております。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

 

810

811

812

813

814

815

816

 土

 日

 月

 火

 水

 木

 金

 

 

振替休日

 

 

 

 

通常通り

 休診

 休診

 休診

 休診

 休診

通常通り

 

動脈硬化は中年以降の問題であって、子供には関係無いと思われがちですが、小児期ひいては出産前の母体中にいる胎児期から将来の動脈硬化リスクが存在すると考えられます。

 

子供の時から動脈硬化のリスクがある ← クリックしてご覧下さい。