お知らせ

昔から突然の心臓発作が起こり死に至ることもある「ぽっくり病」の原因の一つにブルガダ症候群があります。スペイン人の医師の兄弟が初めて報告したものです。

 

ブルガダ症候群 ← クリックしてご覧下さい。

医療をおこなう上で、現在では当然のことであるインフォームドコンセントの考え方が初めて裁判例で示されたのが1914年に判決がでたシュレンドルフ事件でした。

 

医療の歴史(127) シュレンドルフ事件 ← クリックしてご覧下さい。

病名に人の名前がつけられている病名は、外国人ではアルツハイマー病やパーキンソン病など多数ありますが、日本人の名前がついた疾患は多くはありません。小児疾患の川崎病はそのうちの一つです。


日本人の名前がついた川崎病 ← クリックしてご覧下さい。

肥満の人は新型コロナウイルス感染症で重症化しやすいのではないか?ということを示す調査研究結果がフランスの研究者から公開されています。


肥満の人は新型コロナ感染で重症化しやすい? ← クリックしてご覧ください。

1948年、医療者のあるべき姿を現した「ジュネーブ宣言」が初めて採択されましたが、長い年月が経って徐々に改定が加えられました。

 

医療の歴史(126) ジュネーブ宣言 ← クリックしてご覧下さい。

ノーベル賞のパロディーのようなイグノーベル賞ですが、受賞テーマの中には医学医療にとって貴重な研究業績もあります。

 

イグノーベル賞と医学・医療 ← クリックしてご覧下さい。

TBSでのヒットドラマの一つとして「仁」が放送されています。フィクションの娯楽ドラマですが、江戸時代の医療事情が想起させられ興味ある作品です。

 

医療の歴史(125) 緒方洪庵とコレラ ← クリックしてご覧下さい。

新型コロナウイルス感染症の拡大を抑止するための自粛で自宅で過ごす人が多いと思いますが、最近バンクシーのネズミの絵が話題になっています。

 

バンクシーのネズミ ← クリックしてご覧下さい。

中世ヨーロッパからの十字軍遠征は、東西文化の交流をもたらすとともに、負の遺産としてペスト大流行を引き起こしました。

 

医療の歴史(124)中世の十字軍と医療 ← クリックしてご覧下さい。

山梨大学で生後8か月の乳児に新型コロナ感染があったことは衝撃的なニュースでした。

 

乳児の新型コロナ感染 ← クリックしてご覧下さい。