お知らせ

初めは鎮痛薬として、次いで血栓症治療薬として、その姿を変えてきたアスピリンは今、がん予防薬としての役割を持とうとしています。

 

血液と血管(8) アスピリンが大腸がんを予防 クリックしてご覧下さい。

 

20171228日(木)の午後診から201814月(木)まで休診致します。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

 

末廣医院年末年始休診予定(午前診は9時~12時、午後診は5時~8)

 

1228()

1229()14()

15()

通常通り

休診

通常通り

休診

休診

通常通り


なお1230()13()での急病などは下記で休日診療が受けられます。

吹田市出口町19-2

            総合福祉会館内保健センター4

            吹田市立休日救急診療所

            0663392271

 

コーヒーを1日3杯飲む人は、がんになるリスクが低下するという大規模メタ解析の結果が論文に公表されています。しかし本当のところは・・・・・


 コーヒーは健康増進によい?よくない? ← クリックしてご覧下さい。

甲状腺に限らず、すべてのホルモンが作用を発揮するのは、ホルモン受容体を介して身体の部位や臓器が刺激することによるものです。甲状腺ホルモン不応症は、この甲状腺ホルモン受容体に遺伝的変異があり、血液中の甲状腺ホルモン量が多いのにも関わらず、明らかな甲状腺機能亢進症の症状が出現しないめずらしい病気です。

 

甲状腺ホルモン不応症 ← クリックしてご覧下さい。

前期高齢者までの人を対象としておこなわれてきたメタボ対策よりも、日常の活動量、運動機能が低下するフレイルへの対策が重要だという東京都の最近の調査研究が報道されています。

20171119日付 毎日新聞)

 

フレイルはメタボより危険? ← クリックしてご覧下さい。

医療のために食道や胃の中をのぞいて病気の診断につなげる、という思いから初めて「胃鏡」といわれる医療機器を作ったのは、19世紀ドイツの内科医クスマウルでした。なぜだったのでしょうか。 

 

医療の歴史(107) 胃カメラの開発1~胃鏡←クリックしてご覧下さい。

アスピリンを服用してもらって、心筋梗塞や脳梗塞の発症を予防しようという試みは以前から行われていました。最近、一度これらの病気を発症してしまった人には再発の予防に有効ですが、未発症の人が用いても副作用の方が多くて有効ではないことが大規模試験で確認されました。

 

血液と血管(7) アスピリンの血栓予防 ← クリックしてご覧下さい。

日本においてアルツハイマー病についで発生頻度が高いレビー小体型認知症について説明しています。パーキンソン病と類似の症状が出現する特徴的な疾患です。

 

レビー小体型認知症 ← クリックしてご覧下さい。

現代の中高生は飲酒、デート、性行為、アルバイトなど「大人になってからの経験」をしたことがある者の割合が減少しているという学術報告がありました。

最近の若者は大人の経験が遅い? ← クリックしてご覧下さい。

記憶障害から発症してくる認知症は、どの症例も同じであると考えられてしまいますが、原因や病態は多岐にわたっており、診断・治療には大掛かりなものもふくめて丁寧な鑑別診断が必要です。


認知症は確実な鑑別診断が必要 ← クリックしてご覧下さい。