お知らせ

Home
お知らせ

皆様の健康をサポートする優しく思いやりの
ある良質の医療を目指して・・・

お知らせ

健康のために適度の運動を続けることは大変良いことですが、運動が過度になると逆効果になります。とくに脳の働きが低下して適正な判断ができなくなる可能性もあるのです。

 

オーバートレーニング症候群 ← クリックしてご覧下さい。

 

再生不良性貧血は骨髄での血球造血が低下した状態で、赤血球だけでなく白血球も血小板も低下します。近年、これまでとは異なる造血因子の作用を用いた新しい治療ができるようになりました。

 

再生不良性貧血の新しい治療 ← クリックしてご覧下さい。

令和元年20191022日は「即位礼正殿の儀」です。

本年だけの祝日となり、末廣医院も診療をお休みしますので宜しくお願いします。


お腹が減っていては、物事に対する正しい判断を誤る可能性があることを実験的に示した論文が公開されています。

 

空腹になるとものごとの判断を誤る? ← クリックしてご覧下さい。

人がものごとに集中している時にみられる周波数40Hzのγ(ガンマ)波と同じ周波数の光と音の刺激で、アルツハイマー病にみられるアミロイドβの脳への蓄積が改善することが実験動物により明らかにされました。

 

周波数40ヘルツの刺激で認知症改善 ← クリックしてご覧下さい。

健康を考えて、肉や魚を食べない、野菜中心の食事をしている人がいます。

このことが、はたして心臓病や脳卒中の予防につながるのでしょうか。

 

野菜ばかり食べていては脳卒中になる? ← クリックしてご覧下さい。

犬を飼っている人は、身体活動性などが良好な状態となり、心臓血管疾患になりにくいことが想定されるという調査結果が公表されています。

 

愛犬家は心臓病になりにくい ← クリックしてご覧下さい。

幸福とは何か?は古代より永遠の課題でした。この度、京都大学の研究グループが、人の脳において幸福と感じることと脳の活動性を科学的に解明し報告しています。

 

「幸福とは何か?」を科学的に解明←クリックしてご覧下さい。

日本人で腰痛があるという人は1000万人以上いるといわれます。鎮痛薬や貼り薬を用いた対処をするまえに深刻な原因がないかどうか確かめる必要があります。

 

注意を要する腰痛 ← クリックしてご覧下さい。

貧血は血液中のヘモグロビン濃度が低下して、脳への酸素供給が障害されることが原因で認知症発症のリスクになることが大規模で長期間の研究から明らかにされました。

一方ヘモグロビン濃度が高すぎても認知症になることが示されています。

 

高齢者の貧血は認知症のリスクになる ← クリックしてご覧下さい。