お知らせ

血栓形成とその抑制の話 (3) を公開しました

前回、止血に際して、フィブリンという凝固因子の塊が血管に開いた穴をふさぐというところまで説明しましたが、このフィブリンが生成され過ぎると血管がつまってしまいます。そこで人の体内にはフィブリンを適当な大きさまで溶かす作用も備わっています。それが繊維素溶解系(線溶系)です。

 

血栓形成とその抑制の話 (3) ← クリックしてご覧下さい。